ニキビに人生を台無しにされないためのスキンケア

ニキビに人生を台無しにされないためのスキンケア

 

 

ニキビができると自分に自信を持てずに、恋愛ができなくなります。
外に出ると、みんな自分の汚い肌を笑っているような気がしてしまいます。

 

気にしすぎなのかもしれませんが、そのくらいニキビは人生に影響を与えます。
ニキビのせいで婚期を逃したなんて人もいるかもしれません。

 

ニキビに人生を台無しにされないため、正しいスキンケアをするようにしましょう。

 

 

たかがニキビ、されどニキビ。ニキビはあったとしても直接的に命に関わるわけではないため、対策としての優先度はつい低くなりがちです。かといって、ニキビが気になって気が滅入ったり人と会うのが億劫になったりすることもあり、自分自身の悩みとしてはかなり大きなものだったりもしますよね。なるべくニキビを作らず、できたとしても早く治したいものです。

 

 

悩みのあまり、高額な費用をかけてニキビ用の基礎化粧品や根拠のない健康法に手を出したりがちですが、もう一度基本的な対策を見直してみませんか。これからご紹介するのは、簡単かつ重要な2つの対策です。まずは、洗顔です。ニキビができるとき、皮脂が汗腺から分泌される際にうまく分泌されなかったり過剰になったりしています。

 

 

肌表皮が正常なメカニズムで働けるように洗浄しておきましょう。使用するのは純粋な純練り石けんと呼ばれるものです。単純に皮脂を乳化させて洗浄すればいいのです。石けんに付加価値をつけようとするとその効果のために余分な化学成分を加えることになり、それか肌を刺激し過ぎてしまいます。

 

 

 

また、ニキビ用の殺菌成分の入ったものやピーリング効果のある酸が含まれているものが自分の症状に対して合っているかを自己判断するのは危険です。医療機関で処方されたものでない限りお勧めできません。殺菌、保湿などは本来の肌の機能として備わっていますから、それらを外から与えるのではなく、「本来の機能を正常にするために洗顔をする」という発想でケアしていきましょう。

 

 

次に、肌に触れるものを清潔にするということです。布団カバー・枕カバー・タオルが主なものです。化粧品には気を使うけれどこれらを毎日取り替えるという人は少ないはずです。でも、かなりの時間や頻度で顔と接触しているものを清潔にしなくては、ケアも治療も効果が台無しです。カビや雑菌だらけの寝具やタオルは確実に肌を不衛生にし、ニキビを悪化させてしまいます。

 

 

布団カバー・枕カバー・タオルの取り替えには多少の手間こそあれ高額な費用はかかりませんし、試してみない手はありません。以上の2つのことをまずはやってみてください。やみくもに対策に手を出さずに、基本に忠実にやっていきましょう。

 

 

思春期ニキビを1日でも早く治すために

 

 

思春期ニキビは10代にできるニキビで大人ニキビは20代以降にできるニキビのことです。
思春期ニキビを1日でも早く治すために行なう事をいくつかご紹介します。
まず洗顔が大切です。

 

正しい洗顔は朝と夜の2回の洗顔です。洗顔料を使用して下さい。
早く治したいからと1日に何回も洗顔するのは絶対にだめです。
1日に2回以上洗顔をするとお肌を乾燥させます。

 

皮脂が多いのが気になるからと思いがちですが、お肌は皮脂を出すことで
外からの刺激やほこりやウイルスから守っています。
皮脂はある程度は必要なのです。

 

しかし、皮脂がたくさん出るとニキビの原因となりますが洗いすぎて乾燥すると
お肌が皮脂を出して守ろうとします。皮脂がたくさん出ると毛穴に皮脂が詰りやすく、
その分また新しいニキビができ、もともとあったニキビは悪化します。

 

洗顔する際は泡で丁寧に優しく洗ってください。
なた、洗顔後にケアをしないと余計に皮脂がでてニキビが悪化しやすくなります。
皮脂を抑えるためには保湿も大切です。

 

洗顔後に化粧水をつけてあげるとニキビが治りやすくなります。
ですが保湿成分たっぷりの化粧水は大人ニキビを治すのに向いており、

 

思春期ニキビのお肌につけると余計にお肌がべたべたしてしまいます。
さっぱりタイプの化粧水が思春期ニキビには効果的です。
その次に十分な睡眠を取ることです。

 

睡眠不足になると自律神経の動きがくるい、皮脂の分泌量が多くなります。
睡眠を取るとお肌も再生しやすくなりキレイな肌へと生まれ変わりやすくなります。
また肌が最も再生しやすい時間は午後10:00から午前2:00で、肌のゴールデンタイムとも
言われています。

 

10時には早すぎて寝れないという方、夜の12時には寝ておきましょう。
また食事もとても大切で、インスタントや加工食品・スナック菓子などばかりではお肌に悪いです。
タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルすべての栄養素が不足するのもだめですので
バランスの良い食事をするように心掛けるといいですね。
ニキビを治すためにはビタミンが必要です。

 

野菜や果物にはニキビ治療に役立つビタミンが豊富に含まれているので、
できるだけ食べるようにするといいです。

 

ニキビに効くビタミンはビタミンC・ビタミンA・ビタミンE・ビタミンB2などが代表的です。
納豆・ほうれん草・いちご・キウイ・アボカドなど毎日食べやすくて栄養価値も高いです。
またニキビを触ったり布団にもぐって寝たりするのは控えたほうが良いです。

 

枕カバーや布団カバーは頻繁に洗濯をして清潔にするように意識してください。
ニキビを増やさないために食事や生活習慣など意識するように心掛けましょう。

 

 

メルラインの口コミ600件分析した結果…ニキビへの効果